創立100周年について

島田高校は平成30年(2018年)に学校創立100周年を迎えることとなりました。
 大正8年(1919年)、島田町ほか3か村「学校組合立島田実科高等女学校」が島田市中河町の地に仮校舎で創立されました。これが母校の誕生といえます。
 その後、大正10年、「静岡県島田高等女学校」に校名変更され、昭和10年に現在地(島田市稲荷島:稲荷)に移転されました。こうした変遷を経て、大戦後の昭和23年、新制の普通科高校、「静岡県立島田高等学校」として再出発し、さらに、翌昭和24年には男女共学となって現在の島田高校の原型が確立されました。そして、今日まで、地域の中核校として存在し続け、広く国内外の各分野に人材を輩出してきました。今春には、同窓生数も22,000人を超えました。
 振り返れば、この百年の間、草創の苦難や戦時体制、少子化等幾多の試練を乗り越えて、母校は調和の取れた教育を継承し発展を遂げてきました。その時々の教職員や生徒の「努力と意気」を感じずにはおられません。恩師がいて、友がいて、泣いたり笑ったり、母校はいつまでも私たちを育ててくれた青春のフィールドです。
(募金趣意書より)

島田高等学校創立100周年事業実行委員会

平成30年度に迎える島田高校創立百周年の記念事業に向けて、実行委員会を立ち上げました。学校の意向を汲みながら、同窓会を中心に学校後援会とPTAが加わり、さらには在校生や、卒業生が参画しての「オール島高」ともいえる陣容です。一同、記念事業が島高の過去と未来をつなぎ、島高の一層の発展の契機となることを願っています。結束して歴史的事業に取り組みますが、なんと言っても同窓生の皆様のご支援が支えです。どうぞ、よろしくお願いいたします。

実行委員長 鈴木善彦(15)(同窓会会長)
実行副委員長 松井 亮(学校長)
染谷絹代(学校後援会長)
竹下宜男(PTA会長)
顧問 菅沼隆二(6)(同窓会相談役)
大池幸男(26)(学校後援会理事)
総務委員長 森 秀樹(21)(同窓会)
総務副委員長 松永直也(36)(学校)
式典委員長 石川真男(31)(学校)
式典副委員長 大久保節夫(21)(同窓会)
記念誌委員長 池谷武馬(学校)
記念誌副委員長 中野偉津子(19)(同窓会)
記念事業委員長 鶴木文司(27)(同窓会)
記念事業副委員長 鈴木秀朗(学校)
募金委員長 市川 公(22)(同窓会)
募金副委員長 新間和正(31)(学校)
事務局 山田陽子(副校長)
山下和彦(教頭)滝 静子(事務長)
専門委員 (同窓会) 数原国彦(22) 中澤正流(24) 鈴木昌之(24)
鈴木正己(24) 杉本章子(25) 土屋和彦(26)
落合直人(26) 落合 誠(28) 鈴木 勝(29)
野中美知子(29) 南條隆彦(30) 丸山豊子(31)
伊藤明実(32) 池田 豊(34) 高橋琢也(34)
有田二穂(34) 櫻庭省一(35) 鶴橋美奈子(36)
奈村純子(37) 鈴木健司(40) 大石 聡(42)
専門委員 (学校) 増田 勇(23) 大橋辰也(32) 山下彰子(43)
石坂 健(47) 粕谷 悠(49) 鈴木洋平(51)
平井康仁
監事 (同窓会) / (PTA・学校後援会) 原木孝則(31)/杉本恵子 仲田純子 河西智里
協力委員(同窓会) 鈴木秀仁(21) 渡辺富士雄(23) 斎藤正則(29)

()内数字は、島田高校卒業回生

実行委員会事務局

実行委員会事務局

〒427-0038 静岡県島田市稲荷1丁目7-1島田高等学校
島田高等学校創立100周年事業実行委員会 (山田、山下、滝)
TEL 0547-37-2188  FAX 0547-35-1744