沿革

同窓会会員数

同窓会会員総数(累計)22,453人(平成29年9月30日 現在)
島田高等女学校2,087人
併設中学88人
島田高等学校20,278人

沿革

※太字は同窓会関係のもの

年号和暦月.日
大正 8年03.01島田町外3ヵ村学校組合立島田実科高等女学校 設立認可
生徒定員200人、修業年限4年
 8年04.08第1、2、3学年103人に対し、島田女子尋常高等小学校を仮校舎として入学式挙行
 8年12.10静岡県志太郡島田実科高等女学校と校名変更
10年327名により 同窓会発足
10年3.23島田町中河原の新校舎に移転
10年3.31静岡県志太郡島田高等女学校と校名変更、修業年限4年
10年11.16静岡県島田高等女学校と校名変更
昭和 4年8静岡県島田高等女学校 校歌制定
 9年9.1静岡県立島田高等女学校と校名変更 生徒定員400人
10年5.7島田町稲荷島に移転
12年4.1補修課1学級増設 生徒定員450人
22年4.1修業年限を5年に変更 生徒定員500人
23年4.1新制度により静岡県立島田高等学校スタート 生徒定員600人、併設中学第3学年3学級
24年4.1併設中学校卒業生の外、新制中学校卒業生を募集、男女共学を実施 生徒定員750人
27年10.11静岡県立島田高等学校 校歌制定
27年10.19運動場(3,901坪)新設
29年4.1島田高等学校同窓会を「川波会」と命名
29年12.10第2棟校舎一部焼失
34年4.1金谷町立金谷高校(定時制)が本校の管理(金谷分校)となる
35年10.5体育館兼講堂落成
38年4.1生徒定員800人
町立金谷分校が静岡県立島田高等学校金谷分校となる
定時制課程を廃止し、全日制課程新設 生徒定員100人
39年3.20プール(公認50m)新設
42年4.1金谷分校が静岡県立金谷高等学校として独立
43年3.25格技場落成
45年4.23新校舎管理棟落成
46年1.27旧校舎第1棟焼失
47年2.1新校舎第2棟落成
47年10.14学校創立55周年記念誌発行
48年2.28弓道場新設
48年4.1生徒定員945人
53年3.1同窓会会員数10,000人 超える
53年10.18学校創立60周年記念式典、記念誌発行
54年3.20学校敷地(国有農地12,612㎡)買収
54年9.14新体育館落成
55年4.1生徒定員990人
56年1.24図書館(別館)落成
56年4.1生徒定員1,035人
56年7.30プール(25m)改修
56年10.31運動場夜間照明施設新設
58年6.11校訓制定、校訓碑建立
60年4.1生徒定員1,080人
61年3.26自転車置場(鉄骨2階建)新設
平成元年3.18生活館兼同窓会館「修己館」落成
元年4.1生徒定員1,125人 (新入生定員405人、9学級)
 2年4.1生徒定員1,125人 (新入生定員360人、8学級)
 6年6.25学校創立75周年、女学校時代旧門を修己館前に移設
11年6.5学校創立80周年記念式典、記念誌発行
13年4.1生徒定員920人 (新入生定員280人、7学級)
14年2.28「校歌・応援歌」CD発行
14年6.14管理棟教室棟耐震補強工事完成
16年9.30学習棟空調設備完備
17年4.1生徒定員800人 (新入生定員240人、6学級)
19年3.1同窓会会員数20,000人 超える
20年10.15学校新聞「あさひこ」CD集録・発行
20年11.23学校創立90周年記念式典、記念誌発行
21年8.22「島高同窓生の集い」開催
23年2.28昇降所棟耐震補強工事完成
24年2.17第1棟・第2棟教室、部室改修工事完成
24年3.15第2体育館新築、格技場(武道場)耐震補強工事完成
28年3.11校舎外壁改修、格技場屋根改修工事完成
28年4.1生徒定員680人 (新入生定員200人、5学級)
29年4.1生徒定員640人