募金について

静岡県立島田高等学校創立100周年事業募金趣意書 

同窓生の皆様におかれましては、ますますご健勝のことと思います。
日頃は、同窓会の活動に対しまして、温かなご理解を頂き感謝申し上げます。
さて、島田高校は平成30年(2018年)に学校創立100周年を迎えることとなりました。
大正8年(1919年)、島田町ほか3か村「学校組合立島田実科高等女学校」が島田市中河町の地に仮校舎で創立されました。これが母校の誕生といえます。
その後、大正10年、「静岡県島田高等女学校」に校名変更され、昭和10年に現在地(島田市稲荷島:稲荷)に移転されました。こうした変遷を経て、大戦後の昭和23年、新制の普通科高校、「静岡県立島田高等学校」として再出発し、さらに、翌昭和24年には男女共学となって現在の島田高校の原型が確立されました。そして、今日まで、地域の中核校として存在し続け、広く国内外の各分野に人材を輩出してきました。今春には、同窓生数も22,000人を超えました。
振り返れば、この百年の間、草創の苦難や戦時体制、少子化等幾多の試練を乗り越えて、母校は調和の取れた教育を継承し発展を遂げてきました。その時々の教職員や生徒の「努力と意気」を感じずにはおられません。恩師がいて、友がいて、泣いたり笑ったり、母校はいつまでも私たちを育ててくれた青春のフィールドです。
今、創立100周年に臨み、母校の過去に学び未来を創る、そうした思いから同窓会を中心に学校、学校後援会、PTAが一体となって「島田高等学校100周年事業実行委員会」を立ち上げ、記念事業を計画いたしました。計画には記念式典を始め、記念誌作成、堤の松の復活、ICT等教育環境整備、海外研修など島田高校の過去と未来を結ぶ事業を盛り込んでいます。また、在校生や島高卒の大学生がスローガンやロゴマーク、ポスター作成に参加するなど、創立100周年に対する後輩たちの関心も高まってきました。
これまでも駅伝の全国大会出場や「川波だより」発行への支援をお願いしてきましたが、本年は学校創立100周年事業への募金のみをお願いさせていただきます。同窓生皆様のご支援を得てこの記念事業を成功させ、母校の更なる発展につなげたいと念願しています。ぜひ、この趣旨にご賛同いただき、別記要領による募金活動へのご協力をお願い申し上げます。


平成29年10月1日
島田高等学校創立100周年事業実行委員会          
実行委員長 鈴木善彦(同窓会会長:15回生)
募金委員長 市川 公(同窓会理事:22回生)
同窓会役員一同